1 病院・診療所、介護事業所の売上を伸ばす
  働き方改革実践コンサルティング

そもそも働き方改革の目的は、何でしょうか?ただ法令を遵守すればよいというものではないと思います。

人口の高齢化と出生率の低下により、若い働き手がますます減少する一方、医療・介護サービスの需要は高まり、それを担う労働者の確保はさらに難しくなっていきます。その中で、病院・診療所、介護事業所が、必要な人材を確保し、売上を伸ばし、いつまでも住み続けられる地域づくり(エイジングインプレイス)に貢献するためには、働き方改革を進めていくことが大変重要です。

つまり、働き方改革の目的は、人材を育成し、売上を伸ばすことです。今後ますます進む求人難の中で、仕事と生活のバランスがとれた、多様な働き方と、仕事・役割に応じて報いる人事制度を整備することによって、今働いている人のモチベーションを上げることができ、求職者にとっても魅力ある職場となります。そして、働く人の評価を適切に行うことで、サービスが向上し、患者・利用者の満足度が上がり、新しい患者・利用者が増加するとともに、仕事の能率が上がり、増収・増益に結び付けることができます。

働き方改革は、人の使い方を変え、売上を伸ばすことだという意識を持つことが重要だと思います。ただ法令を遵守するだけではなく、働き方改革が目指すべき方向性を意識して取り組むことによって、皆様の病院・診療所、介護事業所の経営が安定し、いつまでも住み続けられる地域づくりに貢献できるものと考えます。

このコンサルティングは、すべての職員が働きがいを感じ、お客様にもご満足いただけ、売上が伸びる、あなたの病院・診療所、介護事業所だけのための「働き方改革実践システム」を構築する専用コンサルティングです。

約半年にわたり、次の8回のプログラムによって構成されています。

【具体的なプログラム】

① 現状認識と問題把握~目指すべき方向性の確認

 ・職員もお客様も満足し、売上を伸ばし、いつまでも住み続けられる地域づくりに貢献す

  る、働き方改革の進め方

 (自施設の現状の確認)

 ・年次有給休暇の消化状況、労働時間の把握補法、36協定の内容、時間外労働の実態、宿日

  直の取扱等

 ・正規職員と非正規職員(パートタイム・有期雇用職員)の職務・役割等と処遇の違い

 ・人事制度(等級・賃金・評価)の有効性

② 自施設としての働き方改革の基本的な方針及び全体像の設計

 ・自施設としての働き方改革の基本的な方針

 ・労働時間・休暇の適正化に向けた取組方針

 ・非正規職員(パートタイム・有期雇用職員)の活用方針とそれを実現するための戦略

 ・人事制度の目的の再確認と現行制度の運用の検証

③ 年次有給休暇の計画的取得のための枠組み設定

 ・自発的な年次有給休暇の取得を促すための環境整備

 ・職場・チームごとの計画的な年次有給休暇の取得

 ・使用者の時季指定による年次有給休暇の取得

 ・年次有給休暇の取得状況の確認と取得促進のための方策

④ 時間外労働における業務分析と分配、仕分け

 ・時間外労働が長い職員(職種)の業務の棚卸し

 ・業務量と職員の職務遂行能力とのバランス

 ・業務のやり方の改善策の検討

 ・時間外労働が真に労働時間と言えるかの検証(使用者の指示命令の有無、労働密度等)

⑤ 自施設内での職員体制の見直しと外注化

  ※必要に応じて、医師労働時間短縮計画策定支援も

   行います。

 ・各部署ごとの職員定員・業務分担の見直し

 ・職種間での業務分担の見直し

 ・ICT、ロボット等の活用

 ・費用対効果を考慮した業務の外注化

⑥ 職員(正規・非正規)の職務・役割等と処遇の関係

 の明確化

 ※同一労働同一賃金への対応をします。

 ・非正規職員(パートタイム・有期雇用職員)に期待する職務・役割等の整理

 ・正規職員のすべての処遇の趣旨・目的の明確化

 ・趣旨・目的が不明である処遇の整理

 ・非正規職員(パートタイム・有期雇用職員)に期待する職務・役割等に応じた処遇の適用

⑦ 働き方改革における人事評価の運用

 ・人事制度の目的の確認

 ・売上を伸ばすための人事評価制度の在り方

⑧ 最終確認と、働き方改革を増収・増益に結び付けるための中長期戦略

 ・多様な勤務形態の人材を活かし、自施設の売上を伸ばし、いつまでも住み続けられる地域

  づくりに貢献するための働き方改革実践システムの構築

 ・適正な労働時間・休日の確保

 ・真に人材を育成し、売上を伸ばす人事評価の適切な運用

(参考)

 ・勤務形態を問わず、人材育成を促進する賃金・等級制度の在り方

 

料金

病院 80万円

診療所・介護事業所 40万円

 ※消費税は別

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

無理な営業活動はいたしませんので、ご安心ください。

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日

お電話でのお問合せはこちら

048-626-3101

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談
048-626-3101

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
無理な営業はいたしませんので、ご安心ください。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝祭日

アクセス

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤3-14-19常盤壱番館204号室