医師の働き方改革を実現するための4つのステップ

医師の働き方改革は、「手段」であって、

「目的」ではありません。

医師の労働時間短縮を「目的」だと考えると、

① 診療時間を短くすればよい。(土曜休診など)

② 先輩医師の診療・手術の見学ができなくなり、

  医療技術の伝承が難しくなる。

すなわち、「地域医療の崩壊」につながります。

 

それでは、医師の働き方改革が「手段」だとすると、その目的は何でしょうか?

① 医師の長時間労働の是正   医師の健康確保と安全な医療の提供

② 医師は医師免許が必要な業務に特化

  看護師等コメディカルもそれぞれの専門能力を最大限に発揮

  医師事務作業補助者の活用 ICT・医療DXの推進

    ムリ・ムダを排除し、病院全体の生産性・収益力の向上

③ 全スタッフのワークライフバランスの確保・働きやすい環境の整備

     離職率の低下・採用競争力の向上

   → 女性医師の活躍          ➡ 医療サービス水準の向上 

     専門能力の向上    

 

20244月には、医師の時間外労働規制が始まるのと同時に、

① ポスト地域医療構想

② 新地域医療計画

③ トリプル改定

④ コロナ補助金の終了・福祉医療機構の融資の返済

          ⇓

自病院の地域における立ち位置を踏まえ、今後のあるべきビジョンを明確にし、

全スタッフが自律的・主体的に取り組むことが必要。

 

 

「医師の働き方改革を実現する4つのステップ」のご提案

 各病院で医師の働き方改革に実際に取り組むに当たっては、どのような領域から始めるべきか、具体的にはどのような取組から着手すべきか、自院の課題等に応じて検討すべきです。

 いくつかの医局・部署をモデルチームとして選定し、弊社がサポートしながら、

現状確認→課題抽出→解決策の議論→実践→振り返りを繰り返し、働き方改革に取り組みます。

 病院全体への取り組みの展開、自院内で取り組みを継続できる仕組みづくりもアドバイスします。

取組事例1
取組事例2

料金例(10か月の工程)(税込み)

  モデルチーム 1チームの場合 110万円

         2チームの場合 165万円

         3チームの場合 220万円

 

 工程内容については、病院の規模・課題に応じて、オーダーメードします

 ので、料金もその内容に従い変わります。

  まずは、ご相談ください。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

(個人の方からのお問い合わせ、および営業の電話・メールは、固くお断りいたします。)

無理な営業活動はいたしませんので、ご安心ください。

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日

お電話でのお問合せはこちら

048-626-3101